乾燥肌

なぜお風呂に入っているのに乾燥肌に?個人的におすすめしたい入浴剤

仕事で疲れて帰ってきたときなど、ゆっくりとお風呂に入るのはとても気持ちがいいもの。1日の疲れを癒すリラックスタイムに、お風呂を挙げる人もいるでしょう。

そんなお風呂ですが、入り方によっては肌を乾燥させてしまうってこと、みなさんは知っていましたか?

お風呂に入ったあとは、1日のうちでもっとも肌が乾燥しやすい状態なのです。そんなお肌の乾燥を極力防ぐためには、どうしたら良いのでしょうか。

ここではお風呂の入り方を見直すと同時に、乾燥肌に効く入浴剤をいくつかご紹介していきます。

お風呂は「ぬるめ」が鉄則!

乾燥肌を防ぐためには、お風呂の温度から見直してみましょう。

どのくらいの温度のお風呂に入っているかは個人の自由ではありますが、41℃以上のお風呂に入っている人は注意が必要です。

なぜなら、肌にとって必要な皮脂などの油分を溶かしてしまっているから。お風呂というのは、ただでさえ皮膚の水分が失われるものです。

水分にくわえて油分まで失われてしまっては、乾燥肌が悪化するのはいうまでもありませんよね。

お風呂の温度は40℃以下のぬるめにし、長く温まりすぎないようにしましょう。熱いお風呂をおすすめしない理由は、それだけではありません。

熱いお風呂に入ると、一気に体がポカポカと温まったような気がしますよね?しかし、一気に温まるとその分冷めるのも早いのです。

あっという間に湯冷めし、血行を悪くしてしまうことも。ぬるめのお風呂に入って、体の芯から温まっていきましょう。

乾燥肌の入浴剤の選び方とおすすめの入浴剤2選!

入浴剤を使う目的は、入浴後の肌の乾燥を極力防ぐためです。水分が蒸発しにくくするような成分の配合された入浴剤を選びましょう。

入浴剤は、大きく分けると「スキンケア」タイプと「発汗」タイプに分けることができます。

乾燥肌の人が選ぶべきは、当然スキンケアタイプの入浴剤。セラミドやスクワラン、ホホバオイルなどの保湿成分が配合されたものを選びましょう。

どんな保湿成分が配合されているかも重要ですが、香料や着色料などの添加物が使われているかも重要です。

乾燥肌は、お肌のバリア機能が失われていて、些細なことでも刺激となることがあります。

せっかく乾燥肌を改善したくて入浴剤を使用するのに、その入浴剤のせいで乾燥が悪化してしまうのでは意味がありませんよね。

乾燥肌は非常にデリケートな肌だということを忘れず、刺激となる成分のないものを選ばなければなりません。これらを踏まえて、おすすめの入浴剤をご紹介しましょう。

入浴剤には、ドラッグストアで買えるものもあれば、通販限定で買えるものもあります。通販限定のものはお肌にとても良さそうな気がしますが、値段が高めなことが難点。

特に入浴剤は毎日使うものなので、「あまり値段が高いのはちょっと…」という人もいるでしょう。乾燥肌をなんとかしたい気持ちはものすごく分かります。

しかし、そのせいで家計を圧迫してしまっては元も子もありませんね。ドラッグストアに売られている入浴剤にも、乾燥肌によいものはたくさんあります。

そこでここでは、ドラッグストアで買えるものに限定して、おすすめの入浴剤を2つご紹介しましょう。

保湿入浴液「ウルモア」

保湿入浴液「ウルモア」

ウルモアは液体タイプの入浴剤で、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、シアバター、ローヤルゼリーといった5つの保湿成分を含んでいます。

お風呂上がりの肌は見違えるほどにしっとり

液体タイプなので、お風呂に入れるとすぐに溶けますよ。潤い成分たっぷりですから、お風呂上がりの肌は見違えるほどにしっとりするでしょう。

バスロマン「スキンケアシリーズ」

バスロマン「スキンケアシリーズ」

 

テレビCMなどでもお馴染みのバスロマンからは、乾燥肌向けにスキンケアシリーズというのが販売されています。

いくつかの種類がありますが、中でもおすすめはミルクプロテイン配合の入浴剤です。

保湿成分としてはあまり聞きなれないミルクプロテインですが、保湿効果としては非常に優秀。角質層まですーっと浸透していきます。

バスロマンは薬用入浴剤なので、乾燥を予防、改善する効果は抜群です。値段も22回分ほど入っていて300円台と、とってもリーズナブル。

どちらもドラッグストアで、500円前後で売られています。

乾燥肌に良い入浴剤は使いたい、でもお金はかけたくないというわがままさんにもバスロマンシリーズはおすすめですよ!使い心地はなめらかしっとりしています。

乾燥肌に効く入浴剤まとめ

乾燥肌に効く入浴剤をご紹介してきました。乾燥肌に良い入浴剤を使うことで、入浴後の肌の乾燥を最低限に防ぐことができますよ。

せっかく乾燥肌に効く入浴剤を使うのですから、お風呂から出る前にシャワーを浴びるのはやめましょう。

入浴剤に保湿成分が配合されているからといって、お風呂上がりのスキンケアをしなくてもいいというわけではありません。

お風呂上がりは素早く保湿することも忘れずに。入浴剤の選び方やお風呂の温度などを見直していけば、お風呂上がりに乾燥することもなくなりますよ。