乾燥肌

【間違いだらけ】乾燥肌に合ったコスメの選び方

【間違いだらけ】乾燥肌に合ったコスメの選び方

突然ですが、あなたは普段どんなコスメを使用していますか?大人の女性なら、ほぼ毎日のようにコスメを使用していることでしょう。

メイクはもちろん、日々のスキンケアも女性にとってはマナーのようなもの。まったく何もケアをしないなどあり得ません。

元々女性は、男性と比べるとホルモンの影響で皮脂の分泌が少ないですので、男性よりも乾燥肌に悩む人が多いのも事実。

そして乾燥肌は、肌の老化を進めてしまうというのもまた事実なのです。

乾燥肌が肌の老化を招くということは、今では世間的にも広く知られるようになりました。実際、多くの人がなにかしらの乾燥肌対策を行っていることでしょう。

大抵の人は、コスメによるスキンケアで乾燥肌対策をしていることと思います。しかしそのコスメ、きちんとあなたの肌に合っているものですか?

成分名や宣伝文句に惹かれてコスメを選んでしまうのは、大きな間違いなんですよ。

乾燥肌対策をしたい!と思うのなら、コスメについて正しい知識を持たなければなりません。

ここでは、そんなコスメについて、正しい選び方のポイントをご紹介していきましょう。

保湿コスメは肌への効果や働きを理解して選ぶ

今、乾燥肌に悩む女性はとても多いです。

そのため、コスメメーカーもここぞとばかりに「保湿化粧品」を販売するようになりました。

同じ保湿コスメであっても、メーカーによって値段は天と地ほどの差があるものも少なくありません。

値段の安いものは品質が悪く、値段の高いものは品質が良い、そんなふうに思う人もいるかもしれませんね。

確かにこれは一理あるのですが、必ずしも値段と品質が比例するわけではないんですよ。

中には安くても高品質なものもたくさんあるのです。口コミサイトなどを見ていると、一目瞭然でしょう。

どんなコスメであっても、「効果があった」と感じる人と「効果はなかった」と感じる人がいますよね?同じコスメなのになぜ?と思うでしょう。

それは、使う人の肌質の違いや使う人の肌に不足しているものの違いにあるといえます。

同じ乾燥肌であっても、その乾燥肌を招いている原因は人によって違うもの。

その根本的な原因に当てはまるコスメであれば効果を感じることができますし、そうでなければ効果は感じられないでしょう。

「保湿成分配合」「○○さん愛用」などの言葉に惹かれる気持ちはすごく分かります。しかしそれだけでコスメを選ぶのはやめてください。

そのコスメに配合されている保湿成分は何なのか、その成分は肌に対してどのような働きをするのかを知りましょう。

コスメに配合されている保湿成分

ではここで、保湿成分として有名ないくつかの成分について、肌への効果をご紹介します。

ヒアルロン酸

1グラムで6リットルもの水分を保つことのできるヒアルロン酸は、保湿成分の中では比較的安価なところも魅力の1つ。

分子の小さいナノヒアルロン酸配合の化粧水なら、角質層を潤すこともできるでしょう。

分子の大きいものは浸透しないので、肌表面を保護する働きがあります。

セラミド

保湿効果としてはもっとも高いのがセラミド。

セラミドは細胞間脂質の1つで、水分を挟み込んで逃がしません。

実際、アトピーなどでバリア機能が低下している人は、角質層のセラミドが減少しているというデータもあるほど。

セラミドは湿度に関係なく角質層に浸透していくので、「乾燥がひどいな」と感じたときにはぜひ使用してほしい成分だといえます。

水分の蒸発を防ぐ働きがあるので、水分を与えたあとに使うのがおすすめです。

セラミド配合のコスメは、美容液やクリームが主流。

セラミドは高価な成分のため、石油から作った安価なものもあります。

しかし乾燥肌でバリア機能が低下している肌に、石油などの添加物は危険でしかありません。

セラミドは、原材料にセラミド1やセラミド2などの数字がついた「ヒト型セラミド」を選ぶのが正解です。

ヒト型セラミドでも安いものは配合量が少ない可能性がありますから、3,000円以上のものを目安にしてみてください。

メイクアップコスメは落としやすいものを選ぶが正解!

ファンデーションやアイシャドウ、マスカラ、口紅。女性が美しくなるためのコスメはたくさんあります。

ここ数年はナチュラルメイクが流行していますが、それは乾燥肌対策からみるととても良い傾向だと言えるでしょう。

なぜなら、ナチュラルメイクは落とすときに肌への負担が少なくすむからです。

クレンジングというのは、あなたが思っている以上に肌に負担をかけているんですよ。そのことを忘れてはいけません。

ウォータープルーフのマスカラやリキッドファンデーションなどの使用は控え、お湯で落とせるマスカラやミネラルファンデーションを使ってみてください。

乾燥肌対策をするのなら、落とすときのことも考えてコスメを選ぶようにしましょう。

ファンデーションなどは、秋冬用の保湿成分が配合されたものも販売されています。

メイクをするなら、保湿成分の配合された肌にやさしいものを選ぶこともポイントです。

メイクアップコスメもスキンケアコスメも、

  1. 保湿成分の種類
  2. 保湿成分の配合量
  3. 続けられる値段かどうか

この3つのポイントをしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。

どんなに自分の肌に合う良いコスメでも、続けられる価格でなければ意味がありません。

お金のことはストレスに繋がりますから、背伸びをしすぎるのはやめましょう。

まとめ

コスメ選びによって、乾燥肌対策になることもあれば、逆に乾燥肌を悪化させてしまうこともあります。

響きや宣伝文句に惑わされず、しっかりと肌への効果を理解した上でコスメは選ぶようにしましょう。

自分に合ったコスメを使うことが、乾燥肌対策への一番の近道となるのです。