ニキビ

ニキビのホルモン治療は効果的なのか?

ニキビのホルモン治療は効果的なのか?

ニキビの治療方法の1つとしてホルモン療法があります。このホルモン療法がどのように効果があるのかをまとめてみました。

まだ、治療を迷っている人や現在治療中の方に少しでも安心して治療が受けてもらえるように素朴な疑問を解決できる道筋になればと思います。参考にしてくださいね!

ニキビの原因はホルモンバランスの崩れ

まずは、ニキビの原因を考えてみましょう。ニキビって何が原因でなるのかご存じですか?

皮脂の分泌過剰が原因と思われている人が意外に多いんですけど、ちょっと間違った認識なんですね。

皮脂の分泌過剰が起こる原因にはホルモンのバランスが崩れることが根本的な理由にあります。ホルモンのバランスが崩れることで皮脂分泌が過剰に起こり毛穴が詰まることでニキビができるんです。

疲れや食生活の乱れなど生活習慣が乱れることで色々な症状が起こってくるんです。

根本的な理由の認識が間違っているとそこにしか視点が行かないので、治療方法も間違えてしまうことがあります。

まずは、根本的な理由を覚えておくことが必要です。

男性の場合は女性ホルモンを補うことで抑制できる

ホルモンには二種類あります。「男性ホルモン」と「女性ホルモン」です。男性の身体には「女性ホルモン」が女性の身体には「男性ホルモン」があります。これらのホルモンバランスが崩れることでニキビが発症するんです。

男性ホルモンが乱れると肌の柔軟性がなくなり毛穴の詰まりの原因を作る作用が働きます。

そのためニキビができやすい肌へ変化させてしまうんです。男子ホルモンには皮脂の分泌を促進させる作用も併せ持っているのでニキビができやすく悪化させやすくなってしまうんです。

では、どうすれば男性ホルモンを抑制できるのかというと、女性ホルモンを補うことで抑制させることができます。

女性ホルモンに類似したホルモン療法を行うのがとても有効的な方法になります。例えば、「ピル」がそうなんですね。

「ピル」には女性ホルモンが含まれているので相内のホルモンのバランスと整えるのに有効的な方法になるんです。

女性ホルモンが増えるお薬は何があるの?

女性ホルモンに類似しているお薬はたくさんありますが、その中でもお勧めなのが「イソフラボン」「エストロン」の二種類が有効的と言われています。

大豆や植物に多く含まれていて女性ホルモンに類似しています。

他には、「エストロゲン」ですがこれは果物に多く含まれています。最近では「ピル」も有効的に使われており、「ダイアン35」や「イソトレチノイン」というお薬がニキビ治療に有効的であるとされて多くの医療機関で用いられています。

ホルモンが含まれた軟膏を塗布する外用薬もあり

治療薬は内服薬だけではありません。外用薬も用いられています。ホルモンが含まれた軟膏をニキビの箇所にだけ塗布して治療する方法も多く使われています。

内服薬と併用して用いることで大きな効果を得られているという結果が出ているんです。

ホルモン療法専門医の元で処方されたお薬であれば、副作用などのリスクを心配することなく治療することができ、根本的な部分から治すことができるので安心です。

ホルモン療法の治療を長期間することがいいわけではありません。専門医であれば症状が改善された時点で中断するのが良いかなど瞬時の判断も行うことができます。専門的な治療が必要となる場合には専門医を訪れるのが1番です。

「ピル」のメリットとデメリット

ホルモン療法に「ピル」がいいのは理解頂けたと思いますが、「ピル」にはメリットとデメリットがあるんですね。では、詳しく見ていきましょう!

メリットは生理中の痛みや不快感を減少させる

月桂困難の改善:特に女性は「生理」というのがありますよね。毎月定期的に規則正しくある人もいれば、そうでないひともいます。生理の時の痛みが酷い人も中にはいると思います。

そういう人が「ピル」を服用することで生理中の痛みや不快感を少しは減少させることができるんです。

また、生理不順で悩まれている人は正しく服用することで生理不順を改善させることができるんです。

他には、骨粗しょう症の予防や子宮がんのリスクなどを減らすことができます。ただし、正しい服用法を守る必要があります。

デメリットは副作用などのリスク

デメリットとしては、個人差はあると思いますが頭痛・吐き気・不正出血・お腹の張り・食欲増進・心筋梗塞・脳卒中などリスクがある場合があります。

服用する期間や量などにもよって異なりますし個々によって副作用が見られない人もいます。

このような症状が現れたときにはすぐに主治医へ相談と報告をする必要があります。場合によっては、量を減らしたり治療方針を変える必要があるからです。

ピルにもメリットやデメリットがあるんですね。どんなお薬でも身体に合う人と合わない人がいます。

早めの対処で治療方針転換や処方量の増減などが行えるので、小さな異変を感じたらすぐに意思への相談をすることが大切です。自分の身体は自分で守るしかないのですからね!

まとめ

ニキビとホルモンがこれだけ関係しているのは、理解頂けましたか?

意外に皮脂の過剰分泌だけが原因と勘違いされている人って多いんですよ。

しかし、それだけでは根本的な部分からは改善はできませんよね。ホルモンのバランスの乱れがニキビの原因となっていることが非常に多いんです。

根本的な治療をしなければ、関知することは難しいと考えます。

内服や外用薬など治療方法は色々とあります。上手に組み合わせることで効果を発揮させることができるんです。

男性ホルモンや女性ホルモンのそれぞれの作用なども理解できました?2つのホルモンのバランスが整ってこそが理想の肌へ近づける一歩になるのだと思います。

ニキビは治らない病気ではありません。少しでも元の肌に戻すためにも早めの治療がとても大切なんですよね。

しっかりと根本的な部分を分析して原因を追求して、正しい治療を行って行きましょう!