ニキビ

ニキビ跡を消す化粧水の選び方

ニキビ跡ができてしまったら、皮膚科に行くべきなのか、セルフケアでも治せるものなのかと、どのように対処するのかが分からず悩んでしまう方も多いようです。

ニキビ跡の状態によっても異なりますが、ニキビ跡化粧水でニキビ跡を治すことができます。

では、ニキビ跡化粧水を選ぶ上で知っておきたい4つのポイント見てみましょう。

肌に優しい

まず第一に注目したいのが、肌への優しさという点です。

大人の肌は想像以上にとても敏感です。香料着色料など添加物が多い化粧水は強い刺激となりますので注意する必要があります。

その中で避けたい成分として、アルコール成分を挙げることができます。これは、肌の乾燥を悪化させ、皮脂の過剰分泌を促す場合があります。

また、石油系合成界面活性剤にも注意しましょう。ニキビができている弱い肌には、無添加や天然成分、低刺激にこだわった国産化粧品がお勧めです。

浸透力

今、注目されている導入型ニキビ化粧水をお勧めします、これは、美容成分を浸透させやすくするために肌を柔軟にする働きを持ったスキンケア化粧水です。

肌奥の角質層まで栄養を行き届かせることができるので、健やかなニキビレス肌へと導くことができます。

保湿力

ニキビ跡の元であるニキビを予防するために、保湿効果のしっかりしたニキビ跡化粧水を選びましょう。

保湿効果のある有効成分は、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」です。

ニキビ跡のタイプに合わせた化粧水を選ぶこと

ニキビ跡を効果的に改善するためには、状態に適したニキビ跡化粧水を選ぶ必要があります。

そのために重要になってくるのがどんな有効成分が含まれているかということです。

赤みを伴うニキビ跡の場合

ニキビ時にできた損傷を治すために、抗炎症作用のあるビタミンC誘導体配合の化粧水がお勧めです。

色素沈着したニキビ跡の場合

紫色が特徴の炎症性色素沈着の場合は、ターンオーバーの促進が効果的でそれをサポートするビタミンC誘導体がお勧めです。

黒や茶色の色素沈着の場合は、トラネキサム酸や水溶性プラセンタエキスなどの美白作用のある化粧水が効果的です。

クレーター状のニキビ跡の場合

コラーゲン生成をサポートするビタミンCや、組織修復作用があるプラセンタなど、肌の再生を促す成分が配合された化粧水を使用するなら、肌のデコボコが改善されるでしょう。