ニキビ

【ミノマイシン】ニキビ飲み薬の副作用・飲み方・注意点

【ミノマイシン】ニキビ飲み薬の副作用・飲み方・注意点

ニキビに「ミノマイシン」が効果があると聞いたことがある人もいるのではないかと思います。

しかし、「ミノマイシン」は使い方を間違えると副作用が出たり危険なこともあるんですよね。

「ミノマイシン」と効くと重病をイメージしがちなのですが、ここで疑問点などを解決してみようと思いまとめてみました。

ミノマイシンはニキビに効果あるのか?

「ミノマイシン」はテトラサイクリン系の抗生物質のことを言います。

菌の繁殖を抑える目的で処方されることが多いんですよね。色々な細菌に効果のあるお薬なので、一般的に処方されることが多いんです。

「ミノマイシン」は菌の増殖を主に抑える効果がありますが、死滅させるわけではないんです。

お薬には、「副作用」というのがあります。副作用が必ず出るというわけではありませんが、どんな副作用があるかは知っておく必要があります。

「ミノマイシン」には、眩暈の副作用があるとされています。

人によって副作用が現れるのは個人差がありますが、服用を始めて1から2週間前後で現れる人がいます。

他には、下痢や腹痛、食欲不振、倦怠感など抗生物質にはよく見られる副作用ですね。

このように「副作用」と考えられる症状が現れたら、すぐに担当医へ連絡をして受診するようにしましょう。

お薬の内容を変更する場合もありますので、必ず違う症状がでた場合には我慢をせずにすぐに相談する必要があります。

ニキビでよく処方される飲み薬

ミノマイシン

皮膚感染症の治療に使用されます。MRSAや髄膜炎などにも使用される抗生物質です。

副作用としては、耳鳴り・眩暈・頭痛・腹痛・吐き気・倦怠感などがあります。

ルリッド錠剤

マクロライド系の抗生物質で抗菌作用があります。
副作用としては、胃痛・吐き気・下痢・蕁麻疹などがあります。

ニキビでよく処方されるステロイド剤

ダラシンTゲル

リコマイシン系の抗生物質で、強い殺菌効果が期待できるお薬です。
副作用としては、大腸炎・激しい腹痛・発熱・下痢・下血・ヒリヒリ感などがあります。

プロトピック軟膏

皮膚の赤みや腫れを抑制するお薬で、ニキビやアトピー性皮膚炎などに使われます。
副作用としては、灼熱感・ほてり・水ぶくれ・痒み・発赤・発熱などがあります。

アクアチム

細菌を抑制するお薬で、皮膚感染症やニキビの治療に使われます。副作用としては、かゆみ・発赤・かぶれ・刺激感などがあります。

ゲンタシン軟膏

皮膚感染症や外傷時などの感染症予防などに使われます。副作用としては、過敏症・眩暈・耳鳴り・腎障害などがあります。

スタデルム軟膏

炎症を和らげたり、鎮痛剤の働きをするお薬で皮膚炎やニキビ治療、帯状疱疹などに用いられます。

副作用としては、皮膚の乾燥・接触性皮膚炎・かゆみ・発疹などがあります。

ディフェリンゲル

ニキビ治療に用いられる薬で、ニキビの新生を抑制する働きがあるお薬になります。

副作用としては、乾燥・赤み・落屑・ピリピリ感・かゆみなどがあります。

ベピオゲル

ニキビ治療薬として使用されています。抗菌作用がありアクネ菌やブドウ球菌などの治療にも用いられています。

副作用としては、皮膚の刺激・発赤・かゆみ・皮膚刺激などがあります。

ロコイド軟膏

ステロイド剤で炎症を鎮静させる作用があります。かゆみや赤みなど皮膚炎を抑えるお薬でニキビにも使用されています。

副作用としては、接触性皮膚炎・過敏症・発赤・視力低下・目の痛み・頭痛・吐き気などがあります。

リンデロンVG軟膏

皮膚の赤みや痒みなどの皮膚炎の治療に用いられ、ニキビ治療にも使用されています。

副作用としては、接触性皮膚炎・かゆみ・乾燥肌・みずぶくれなどがあります。

ミノマイシンの飲み方と注意点

「ミノマイシン」を服用するときには、長期間連続して使用するのは危険なんです。

それは、「耐性菌」といって次に抗生物質を使うときにお薬が効きにくい状態になってしまうことを言います。

なので、「ミノマイシン」のような抗生物質を使用するときには、長期間の使用を避けなければなりません。

症状が改善したからといって、自己判断で中止してしまう人っているんですけど、これが間違っているんです。

きっちりと処方されてモノは飲みきるようにするのが正しい方法になります。

自己判断で中止をすると「ミノマイシン」は菌の繁殖を抑制する作用しかないので、繁殖をしてしまいます。

菌を殺すわけではないので逆効果になってしまうんです。

まとめ

「ミノマイシン」は、ニキビ治療に用いられ、効果を得られるお薬です。

ただ、自己判断でお薬を中止したりすることは危険ですので、やめましょう!

処方されたお薬はきちんと飲みきるようにするのが1番です。

次のお薬が効かなくなると大変だからね。ニキビにも有効なお薬というのは理解してもらえましたか?きちんと正しい用法で服用するのが大事です。

まずは、どんなお薬が処方されているのかを確認してみましょう!