ニキビ

ニキビ跡はピーリングやケミカルピーリングで消すことができるか?

ニキビ跡はピーリングやケミカルピーリングで消すことができるか?

ニキビ跡の改善にピーリングが良い!ということをご存知のことでしょう。

では、ケミカルピーリングは一体どのようにニキビ跡に効果を発揮するのでしょうか?

ピーリングに使われている成分

一般的に、グリコール酸などのフルーツ酸(AHA)やサリチル酸マクロゴール(BHA)、また、場合によってはトリクロロ酢酸も使われています。

皮膚科専門医がピーリングに使用する薬剤は、医療機関でのみ取り扱いが許可された高濃度の化学薬品なので高いピーリング効果を期待することができます。

ピーリングの作用

強い薬剤をピンポイントで滴下して使用する場合もありますが、一般的には肌の表面に均一に薬剤を塗布していきます。

酸性の薬剤を塗布することにより、古い角質や毛穴に詰まっている汚れを化学的に溶かして除去していくのです。

その後、クーリングを行い、肌を冷却します。

手軽に行うことができますが、強い薬剤を使った場合には、肌が深いかさぶたになってしまい、剥がれた後も数週間赤くなってしまうこともあります。

これを一般的には、2~4週間ごとに複数回繰り返し行う必要があります。

ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなる

ピーリング作用で古い角質を除去することができるので、肌の表皮が生まれ変わることができ、ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなります。

またピーリングによる刺激効果で、ニキビ跡周辺の真皮にあるコラーゲンの生成を促すことができ、浅いクレーター状のニキビ跡にも有効です。

しかしながら、治療を受けたらアフターケアをしっかりとする必要があります。

ピーリングで角質を除去した肌は、バリア機能が極端に低下している状態です。

紫外線による色素沈着などのダメージを与えないように、きちんとしたアフターケアが必要です。

どのようなケアをすることができるでしょうか?

  • 乾燥しやすいのでしっかりと保湿ケアをすること。
  • 指示された日焼け止めをきちんと使い、帽子などを使って日焼け防止を徹底すること。

ケミカルピーリングって何?

ピーリングとの違いはケミカルピーリングは病院で治療するのに対し、ピーリングでは自宅などで自分でやる行為のことです。

ケミカルピーリングは肌にピーリングのお薬を塗布することで古い角質などを除去して肌の改善を行う方法なんです。

治療時間も短時間で済みますし殆ど痛みなども感じずに行うことができます。

痛みなどは多少個人差はあるとは思います。ただし、保険診療外の治療になるんですよね。

皮膚の表面にお薬を塗ることで老廃物などの除去をすることをケミカルピーリングといいます。

ニキビは毛穴の詰まりなどが原因でできるのはご存じだと思います。古い角質や老廃物を除去することで新陳代謝が高まり肌が元通りになろうと細胞が活性化してきます。

肌のトラブルを改善する目的で行われている方法なんです。

ケミカルピーリングに使われているものは酸性のものでフルーツ酸が主に使われています。肌の状態やニキビの状態、肌質などにより使用する薬剤を決めていくようになります。

ニキビにケミカルピーリングが良いとされる理由は?

ニキビの主な原因としては、毛穴が詰まることで菌が繁殖を起こし炎症が起こる状態になりますよね。

この治療に使われるフルーツ酸には毛穴の詰まりを改善したり老廃物を排出したりすることでニキビに効果が期待できるとされているんです。

  • ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消してニキビが悪化する前に改善をする効果が期待できる
  • ニキビ初期の段階で微小面皰を取り除くことでニキビ悪化を防ぐことができる
  • 角質が溜まっているのを取り除く事で、毛穴の詰まりを改善させることができる
  • ターンオーバーを改善させることができる

ニキビの改善だけでなく、今よりも悪化させることを防ぎ、新たなニキビを作りにくい肌へと変えてくれるんですよね。

これらの効果を期待させることができる画期的な治療方法になります。

ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングを受けるのには、医療機関でのみ受診することができます。

医療行為に当たるため医師の指導がなければ受けることができないからです。医療機関で施術することで皮膚への刺激や損傷など大きな傷などが残るようなことはまずありません。安心してください!

ただし、皮膚は人によって違いますので赤くなったり痒みがあったりと現れる症状は個々によって異なります。

問題となる副作用はほとんどないのも事実ではあります。

痒みや赤みも時間と共に消えてくるので気になるようであれば赤みや痒みを抑えるお薬を処方してもらえば問題はないと思います。

注意が必要なのが「日焼け」

そして、特に注意が必要なのが「日焼け」ですね。

ケミカルピーリングをした後に日焼けサロンなどに行くのは論外です!日焼けは天敵なんですよ。

ピーリングをすると肌の角質が取り除かれているので肌が何もベールに包まれていない状態になります。

ベールに包まれていない露出の状態のまま紫外線や外からの刺激を加えてしまうとシミやソバカス、ニキビなどができやすくなるんですよね。

ケミカルピーリングだけでなく、化粧品などのピーリングのモノを使用したときには同じことが言えます。

ピーリングをしたときには紫外線から肌を守る対策を必ずする必要があります。例えば、日焼け止めなどを塗るなど対策を必ず行いましょう。

ケミカルピーリングの副作用

ケミカルピーリングは大きな副作用はありませんが、万が一施術中に問題が起こったときには医師へすぐに伝えるようにしましょう。

その場で適切な処置を受けることができます。

医療機関以外のところでもピーリングが行われているところはありますが、大きな問題になるのを避ける目的もあり配合する量を通常よりも減らしたりする場合があります。

何らかのトラブルがあったときには医療機関と違う場所ではすぐに対処ができない場合もあります。

安全性の問題から考えると医療機関で施術を行う方が万が一問題が起こった時にはすぐに対処することができますので安心だとは思いますよ。

ケミカルピーリングは2週間に1回は必要

ケミカルピーリングを行われる人は「ニキビを何とかしたい!」という思いで受けられる人が殆どではありますが、肌のトラブルをすべて解決できるわけではないということを念頭に置いておきましょう。

ケミカルピーリングを行うだけで肌の質が変わることはありませんし、ニキビ跡が凸凹になってしまった状態でケミカルピーリングのみで治すことは不可能です。

そして、1度だけの施術では治療ができないので定期的に行っていく必要があります。保険適用外の治療になりますので高額な費用もかかってくる可能性があります。

ケミカルピーリングの基本は古い角質を取り除くことが基本にあります。ニキビ跡やシワなどは解消させることはできないのです。

2週間に1回は施術を行う必要があります。1度行うと2週間は効果が持続するということですね。だいたいの目安にはなると思いますが・・・。

まとめ

ケミカルピーリングは、ニキビ跡やシミを改善させることはできないということです。古い角質を除去するのが目的なのです。

注意点などピーリングをしたときには紫外線などの刺激には十分に注意をする必要があるということを覚えておきましょう。

ここで、まとめたことを少しでも参考にしてもらい自分のニキビ肌の改善に役立てばと思います。

治療費も保険適用外なので、何ヵ所か電話で費用なども聞いてみて比べるのも1つだと思います。